オープンケージのSwallowとSTORK19はアダルトサイト対応のワードプレステーマ

オープンケージのSwallowとSTORK19はアダルトサイト対応のワードプレステーマで綺麗なサイトが簡単に作成することができます。
ワードプレステーマを販売しているオープンケージという会社にはSwallowとSTORK19の他にハミングバードとアルバトロスというテーマもありますが
デザイン的には似通った感じで兄弟のような存在。

使い方も基本的には同じで使用できるオプションによってそれぞれのテーマの価格にも差がでている。
その中でも最上位テーマであるSTORK19とその下のSwallowはデザイン的に見てもエログ向きと言える。

 

多くのエログ運営者、アダルトサイト運営者の場合、アダルトサイト以外にもアドセンスサイトや他のアフィリエイトサイトを持っている場合が多い。
有料テーマの場合は1つ買ったら他のサイトにも使用する場合がほとんどなので
できればエログにも他のアフィリエイトサイトにも、どちらにも使用しても綺麗な表示がされるほうが良いだろう。

その点でもオープンケージのテーマはいろいろなサイトに適用できる素晴らしいテーマだ。

オープンケージのSwallowとSTORK19、ハミングバード、アルバトロスはアダルトOK?

オープンケージの販売サイトを見ると、どこにもアダルトサイトへの使用が許可されているとは書かれていない。
僕も購入にあたって心配になったのでオープンケージに問い合わせたところ
「アダルトサイトにてご利用いただくことに問題はございません。」という回答を得ました。

実際にメールで問い合わせをしました

 

オープンケージのSwallowでアダルト(エログ)のデモサイトを作ってみた

 

オープンケージの販売サイトにはオープンケージのSwallowとSTORK19などそれぞれのテーマにデモサイトが用意されている。
それらのデモサイトはもちろんエロ系ではなく一般サイトで作成されている。

画像メインのエロ系サイトではどのように表示されるのか、アダルトサイトで利用するなら購入する前に見ておきたいものだ。
そんなエロ系サイトの運営者さんのためにエログでのデモサイトを作ってみました。

究極の所、エロサイトのテーマで求められるのは画像を使ったリンクでの見え方だと思います。
どんなに装飾がされているデザインでも、結局見られるのはエロ画像なんです。
その画像をキレイに見せて内部リンクでサイト内を回遊させることができるテーマがエロサイトには求められています。

その判断をするにはやはり画像メインのエロ系記事を入れたデモサイトを見るのが一番!
なのでアダルト内容の記事を20記事用意してSwallowに入れてデモサイトを作ってみました。

 

👉ワードプレステーマのデモサイトはコチラ

 

 

パソコンでのトップページはこんな感じです。グローバルメニュー下の『高杉麻里がでびゅーしました』というリンクが実用的で良いと思いました。パソコンでの見え方がエログ向けでいい感じです^^ 

 

 

 

サイドバーの新着エントリーはこんな感じです

 

 

 

つづいて記事ページはこんな感じです

 

記事下のレコメンドはパソコンだと4列でキレイにまとまっていますね

 

スマホのトップページはこんな感じです。スマホでもグローバルメニューとその下のリンクはパソコンと同じように表示されていますね。

 

 

パソコンだとサイドバーに表示されていた「WordPress Popular Posts」のウィジェットです

 

 

こちらもパソコンだとサイドバーにあった新着エントリー

 

 

記事ページに移動するとこんな感じです。

 

 

記事下のレコメンドはスマホだと2列表示になっていました。

 

アダルトサイト利用可のワードプレステーマのデモサイト

・有料テーマALPHA(アルファ)¥22800
・有料テーマDIVERE(ダイバー)¥17980
・有料テーマSwallow(スワロー)¥9900
・有料テーマAFFINGER5(アフィンガー5)¥14800
・無料テーマLuxeritas
・無料テーマCocoon

 

有料テーマ4つと無料テーマ2つを実際に記事入れして比べることができます。
それぞれのサイトのグローバルメニュー(画面の上の方のメニュー)でそれぞれのテーマを行き来することができます。

 

👉ワードプレステーマのデモサイトはコチラ

 

このテンプレートに向いている人

オープンケージのワードプレステーマはブロガー向け、ブログに特化させたテーマになります。
そのためにデザインや機能を特化させているので
更新型のブログ、エログを作成する人に向いています。
逆にホームページや小規模サイトを目指す人には向いていません。

オープンケージの販売しているSwallowとSTORK19の他にハミングバードとアルバトロスと4つもあるので
「どれがいいの?」
と迷われると思います。

基本的なデザインは共通していて、値段が高くなるに従って使える機能も増えていきます。
とは言え、最上位テーマのSTORK19でも11000円と、他の有料テーマに比べて安いのです。

しかもSTORK19は2019年末に発売とまだ発売されたばかりなので、
迷ったら最上位テーマのSTORK19の一択だと思います。

今回、僕がデモサイトをSwallowで作成しましたが、STORK19でも同じ感じで作ることが可能です。

 

 

 

 

 

▼アダルトOKのWordPressテーマまとめ▼

 

おすすめの記事