【PR】アフィリエイト広告を利用しています

アダルトサイトのサーバー引越し方法

ちょっと緊急で記事を書いています。
落ち着いたらもう少しわかりやすく内容を整理しますので、とりあえず情報だけ羅列しておきます。

以前からこのブログで書いてある通り、僕は複数のサイトをmixhostサーバーに入れて運営をしていました。
そのmixhostサーバーですが、2023年4月よりポリシーの変更がありました。
そのポリシー内容は以下の通りになります。

https://help.mixhost.jp/hc/ja/articles/115003733111

https://mixhost.jp/fair-use-policy/

この変更はmixhostよりメールが来るまで知らなかったんですが、先週にmixhostより【要対応】件名で連絡がありました。
転送量やCPUの使用率に関して負荷を軽減するように、という内容でした。

 

上記ポリシーとmixhostからのメールを総合的に判断すると、これからはサーバーのヘビーユーザーは使用量に応じてしっかり課金していくようです。

新しいポリシーページに記載されている転送量とストレージ容量のデータを見ると、ヘビーユーザーにとっては、かなり厳しい内容です。

 

カラフルボックスやシンサーバーと比べても相当低い数値になっています。
アクセス数の多いアダルトサイトを運営している人にとってはプランの見直しを迫られて、大幅にサーバー代を増やす必要が出てきます。

 

引用:https://mixhost.jp/fair-use-policy/

 

この数値はかなり低いと言わざるを得ません。苦渋の決断ですが、現在mixhostに入っている10個ほどのドメインをmixhost、カラフルボックス、シンサーバーに分散させて運営することにしました。

すでにいくつかのサイト(ドメイン)をmixhost→カラフルボックス、mixhost→シンサーバーへと引越しが完了しているので、引越しした方法と注意点などを解説してみたいと思います。
注意点として、僕はサーバー周りの専門家ではないので細かい点が間違っているかもしれないのでご了承ください。

 

シンサーバー簡単移行でサーバー引越しする

とにかく素人でサーバー周りの事は全くわからないっていう初心者にはこの一番簡単な方法が第一候補です!
この簡単移行はシンサーバー(エックスサーバーと同じ)だけの引越方法です。
mixhost→シンサーバーへの引越しで最も簡単に作業が終了するのがこの方法です。

手順としては、移行先(シンサーバー)へドメインを登録した後、引っ越しをするサイトのログインユーザー名とパスワードを入力するだけでデータの移行が完了します。
その後、ネームサーバーを移行先(シンサーバー)へ向ければ作業が終了。
サーバー引越しする方法の中で最も簡単です!

ただ、僕もこの方法をやってみたのですが、どうしても上手くいかなかったのでこの方法は断念しました。
シンサーバーは申し込みから10日間はお試し期間なので、この期間中に簡単引越しを試してみたら良いと思います。

 

ドメインを入力して、ユーザー名とパスワードを入れるだけ!
これだけでデータの移行が完了します!!

 

【シンサーバー簡単移行のやり方】

 

→シン・レンタルサーバーはコチラ

 

サーバー会社の引越し代行を利用する

サーバーやドメイン関係の設定を一度もやったことが無いというレベルの初心者は引越し先のシンサーバーやカラフルボックスが行っている引越し代行サービスを利用した方が良いでしょう。
サーバー引越し作業をゼロから学習するとなると少なくとも数日は作業の没頭しなければいけません。
素直に時間をお金で買いましょう。

又、すでに膨大なアクセスと収益がある巨大サイトを運営しているのでしたら、ミスった時のダメージがデカいのでプロにおまかせしたほうがリスクは少なくて済みます。
切り替えをスムーズに行ってもらい、サイトへ繋がらない時間を無くすようにします。

 

シンサーバー 33000円/1サイト

 

 

カラフルボックス 14080円/1サイト

と、意外と安い値段で引越しを代行してくれます。

 

→カラフルのアダルトサイト対応プラン

 

 

 

プラグイン『All-in-One WP Migration』有料版を使ってサイトの引っ越しをする

バックアップの定番プラグイン『All-in-One WP Migration』を使えば、簡単にサーバーの引越しをすることが出来ます。
ただし、無料版は64MBのファイルサイズまでしかインポートできません。
64MBを超える容量をインポートする場合は有料版の『All-in-One WP Migration Unlimited Extension』を購入する必要があります。
有料版は69ドル(約1万円)となっています。
僕の場合のように複数のサイトを引っ越しする場合は上記の引越し代行は金額がかさんでしまうのでこの有料版が良いと思います。

手順としては、移行元サイトにて『All-in-One WP Migration』でデータをダウンロード。
移行先サーバーにドメインを登録してワードプレスをインストール。
Windows>System32>drivers>etc>hostsで移行先IPアドレスを指定してワードプレスにログイン。
『All-in-One WP Migration』をインストール後、データをインポートします。
動作と内容を確認後、ネームサーバーを移行先サーバーに向けて終了。

 

有料版『All-in-One WP Migration Unlimited Extension』を購入して64MB以上をインポート

 

以前は買い切りだったんですが、今は1年ライセンスとなりました

 

プラグイン『All-in-One WP Migration』とFTPの併用

『All-in-One WP Migration』でのデータ量が64MBを超えてしまった場合でも、画像ファイルを抜いて64MBを超えなければ、無料の範囲で引越しが可能です。
画像ファイルはFTPでダウンロードして、移行先にもFTPでアップロードします。
画像が入っているフォルダは『wp-content』フォルダです。

手順としては、移行元にて画像を抜いて『All-in-One WP Migration』のデータをダウンロード。
画像データをFTPでダウンロード。
移行先サーバーにドメインを登録してワードプレスをインストール。
Windows>System32>drivers>etc>hostsで移行先IPアドレスを指定してワードプレスにログイン。
『All-in-One WP Migration』をインストール後、画像抜きのデータをインポートします。
その後、画像をFTPにてアップロード。
動作と内容を確認後、ネームサーバーを移行先サーバーに向けて終了。

 

画像ファイルはこのフォルダに入っています

 

まとめ

どの方法を使ってサーバーの引越しを選ぶのかはサイトの状況にもよります。
すでに万単位で収益があり、アクセスも多いサイトを1サイトだけ移行するのなら、プロにまかせて引越し代行が良いでしょう。
それ以外だったら、シンサーバーの10日の無料期間中に簡単移行で引越しが可能かどうかやってみたほうが良いです。これはメチャメチャ簡単です。
続いて、『All-in-One WP Migration』のプラグインを使用しての引越しがオススメです。
有料版なら非常に簡単に引っ越しできます。

 

→シン・レンタルサーバーはコチラ

 

→カラフルのアダルトサイト対応プラン