【PR】アフィリエイト広告を利用しています

シンレンタルサーバーに登録してワードプレスをインストールするまでの手順

2021年5月よりサービスをスタートしたシンレンタルサーバー。
シンレンタルサーバーは『エックスサーバー』の関連会社で、サーバーパネルなど操作関係はエックスサーバーと同じ様に扱うことができます。

アダルトサイトOKのレンタルサーバーに鳴り物入りで登場したシンレンタルサーバーに登録してワードプレスをインストールするまでの手順を解説します!

僕自身もシンレンタルサーバーと契約して実際にアダルトサイトを運営してみた感じは非常に扱いやすい印象です。
mixhostとカラフルボックスは『cPanel』というサーバーパネルを採用しており使い方が同じですが、シンレンタルサーバーは『cPanel』よりも扱いやすく初心者向きだと思います。

スペック的にも競合他社と比べて見劣りすることはなく同程度で、初めてアダルトサイトを運営する人には申し分ない内容となっています。
ゆくゆくサイトが育って言っても、又複数のサイト運営をするようになっても安心して利用できるレンタルサーバーです。

シンレンタルサーバーへのアカウント解説からWordPress運営までの流れはこのようになります。

アカウント登録(無料ドメイン登録)

サーバーパネルにてドメイン追加登録

WordPressインストール

SSL設定

この流れで順番に解説します

 

シンレンタルサーバーサーバーに登録する【手順1】

シンレンタルサーバーはアダルトサイトOKのレンタルサーバーですが、もちろん普通のサイトの運営もOKです。
アダルトとノンアダルトどちらも運営することができます。

 

シンレンタルサーバーへ申し込むには『お申し込み』をクリックします

 

 

 

プラン選択画面で希望のプランを選択します
初めてアダルトアフィリエイトをスタートするならば『ベーシック』プランで十分です!

 

 

シンレンタルサーバーで無料ドメインを取得する場合は『利用する』をチェックします
初めてドメインを取得するなら無料ドメインを取得したほうがお得です

僕のようにバリュードメインなど他のレジストラ(ドメイン屋)で管理しているのなら、無料ドメインは取得しなくてもOKです
複数ドメインを管理する場合、レジストラは統一した方が管理しやすいからです

 

 

無料ドメインを取得する場合は『取得ドメイン名』とそのドメインに入れるサイトの情報を入力します
その際、ユーザー名とパスワードは必ず控えておきましょう!

 

 

必要事項を入力します

 

 

シンレンタルサーバーもカラフルボックスと同様にSMSでの認証が必要です

 

 

画面に従って認証コードを取得します

 

 

 

 

 

 

SMS認証が終了すると契約は終了です
アカウントに入れるようになります

 

 

登録する際に、複数のメールが送られてきますが、『■重要■サーバーアカウント設定完了のお知らせ』というメールは各種ログイン情報が入っているので保存をするなり、内容を別のところにコピペしておくなりしておいてください!

 

 

料金の支払いは、『シン・アカウント』からログインします
サーバーパネルから一度ログアウトすると行けます

 

 

『料金支払』から『お支払い手続きへ進む』で支払いを完了させます

 

 

 

シンレンタルサーバーでドメインを追加する

シンサーバーを契約してサイトを運営するには、運営するサイトのドメインをサーバーに登録することが必要です。
シンサーバーを契約した時に取得した無料ドメインもここでの登録が必要です。
バリュードメインなど他のレジストラで取得したドメインも同じようにドメイン登録を行う必要があります。

 

ドメインを追加するには『サーバー管理』からサーバーパネルへ入ります

 

 

『ドメイン設定』をクリックします

 

 

『ドメイン設定追加』のタブで、追加するドメイン名を入れ『確認画面へ進む』をクリックします

 

 

確認して『追加する』をクリック

 

 

この時点では『無料独自SSLの設定に失敗しました』と表示されますが大丈夫です。
レジストラが違う場合、この表示がされます。
シンレンタルサーバーの無料ドメイン取得したドメインはすぐにSSL化されます。

 

 

『ドメイン設定一覧』のタブを見ると『反映待ち』という表示がされています
ドメイン設定は15分ほどで反映されます
その場合、画面のような表示はなかなか消えませんが、実際には反映されている状態となります

 

 

WordPressをインストールする

シンレンタルサーバーに新しいドメインを追加登録したら、そのドメインにWordPressをインストールします。
このWordPressインストールはドメイン反映待ちでも行うことができます。

 

サーバーパネルから『WordPress簡単インストール』をクリックします

 

 

先程追加したドメインを選択します

 

 

『WordPressインストール』のタブで必要事項を入力して『確認画面へ進む』をクリックします
この時、ユーザー名とパスワードは忘れずに!

 

 

 

インストールが完了するとサイトへアクセスすることができるようになります!
管理画面へのログインはこの時点は『http』です!

http://●●●●●.com/wp-admin/

このようにドメイン名の後ろに『/wp-admin/』を付け加えたURLになります。
この後のSSL化の作業でhttpsに変更します。

 

 

↑このような表示がされた場合は、まだドメイン追加設定の反映待ちの状態なので、もう少し待ちましょう。

 

SSL化する

シンレンタルサーバーではSSL化しないと『http』のままでの運営となってしまうので、必ずSSL化の作業を行いましょう!

 

SSL化を行うには『SSL設定』をクリックします

 

 

SSL化されていないドメインは『独自SSL』の項目が『0個』と表示されています
対象のドメインの『選択する』クリックします

 

 

内容を確認して『確認画面へ進む』をクリックします

 

 

『追加する』をクリックして、そのまましばらく待ちます

 

 

SSL化の反映も15分程度で完了しますが、『反映待ち』の表示はもっと長く表示されています

 

 

最後にワードプレスのアドレスをhttpからhttpsへ変更します
ワードプレスにログインして『設定』で『WordPressアドレス』と『サイトアドレス』の両方を『http』から『https』へ変更します

この作業はかなり重要な作業なので慎重に行ってください!

半角の『s』をhttpの後ろに追加するだけです
上の画像のように『https』となります

 

完了したら下にある『変更を保存』をクリックします

するとログイン画面に移行するので再度ログインしてださい
httpsでの運営がスタートされます

 

 

→シン・レンタルサーバーはコチラ